スタッフブログ

2014年10月 6日 月曜日

正しい清掃用具

歯肉の退縮がすすんで歯ぐきが下がってきた場合には、フロス  歯間ブラシ  糸ようじ などを使うと、より一層ていねいな歯みがきが出来ます。



患者様によって、歯と歯のすき間の大きさが違うため、その人にあった清掃用具の選択が重要になります。


当院では患者様にあった清掃用具の選択と使い方をていねいにご指導すると共に、使用後も歯肉の状態を確認して必要であれば大きさの違った歯間ブラシの選択や、変更なども継続的に行うようにしております。





お口の中の掃除を、家の掃除に例えると 

歯ブラシは普通の掃除機 
歯間ブラシやフロスはタンスなどのすき間に先端を専用のものに付け替えた掃除機

と考えると分かりやすいと思います。

歯垢(プラーク)はうがいだけでは落とせないため、こうして隅々までの汚れを落とすような歯みがきの仕方をすることを心掛けましょう。

投稿者 佐藤歯科医院