スタッフブログ

2015年7月18日 土曜日

フッ素 F

最近では虫歯予防や歯周病予防とうたったフッ素いり歯磨き粉が一般的になりました。

フッ素は虫歯になりにくい、と言われていますが、どのように虫歯になりにくいのか?お話したいと思います。

食べた後、しばらく歯を磨かないでいると、お口の中にプラーク〈細菌の塊)が形成されます。



そのプラークは糖分をエネルギーに『酸』を作り出し、歯の表面からカルシウムイオンやリン酸イオンなど、ミネラル分を溶かしていきます。これを脱灰といいます。この脱灰が進むと虫歯になります。

初期の脱灰部分に唾液中のカルシウムイオンやリン酸イオンが再び歯に戻って歯の表面が修復されます。
これを再石灰化といいます。

ではフッ素はどの場面ではたらいているのか?


フッ素が磨き残したプラークに入って『酸』を作るのを抑えたり、再石灰化を促したりします。

その結果、虫歯菌が出す『酸』に負けないような強い歯の表面になるのです。



投稿者 佐藤歯科医院